会社概要 代表メッセージ always style 沿革 always action



    1976年9月、オルウェイズの前身である南原商会が発足し、生活資材の卸としてスタートしました。
    その後、タオルやベビー服、婦人服などの企画、製造を得て
    1981年小売店舗『always』をオープン致しました。

    当時の従業員は6名。順調に業績を伸ばしていたところ、1995年、阪神・淡路大震災により建物が全壊。

    1997年に再建した現在の建物で、新たに婦人服のメーカーとして再スタートをきりました。

    43年の歴史の中で少しずつ仲間が増え、お客様の喜んでいただく声も多く頂けるようになりました。

    『喜んでいただけると嬉しい 喜びあえるともっと嬉しい』

    これからもずっとこの言葉を胸に洋服を作り続けていきます。



    DATA/会社概要

    社 名株式会社オルウェイズ
    本社所在地兵庫県西宮市分銅町 2-25-101
    設 立平成20年12月8日
    営業開始平成21年3月1日
    代 表代表取締役 南部 薫
    事業内容婦人服・服飾雑貨 製造、卸、販売
    資 本 金1,000万円
    決 算 期8月末日
    従業員数22名(本社・東京スタッフ)
    直 営 店28店舗
    取引銀行京都銀行 西宮支店・三井住友銀行 西宮支店
    主な事業所の所在地
    【本社】〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町2-25-101
    Tel:0798-36-6309 Fax:0798-36-6334


    president


    「私」(I)から → 「私たち」(We)に


    私は1995年の阪神大震災を経験しました。そのことで「未曾有の災害」という表現をよく使っていました。しかし何故かそれを機に未曽有と呼ばれる災害が当たり前に起こるようになりました。にもかかわらず「のど元過ぎれば暑さ忘れる」と言われる如く、その度に経験を活かせない自らがありました。

    近年、あって欲しくない地球的規模の大きな事象がどんどん増えていく中、もう来ない昨日、まだ来ない明日より今が大事と、なかなか行動を変えられない中、私たちの星は汚れ、消耗し、疲弊し、生気を失くしつつあることが確かに感じられるようになってきました。

    激流の小舟の如く、チーム・オルウェイズはコロナ禍の中、まるで舵を失った小舟の如くに翻弄され、行先さえ見失ってしまいそうな毎日に、折れそうな心との戦いの日々でした。

    そんな中ある言葉に出逢いました。

    「自然の力には勝てません。でも私たちはそれを越えていく力があります。」

    普通の時には響かなかった言葉かもしれません。マスク姿の中で、顔の表情が硬化していくように、心まで硬くなり開かれない状態を感じる今だからこそ響いてきた言葉だと思いました。

    自然災害であれ人災であれ、来るものに対して最大限の備えと、どの様な結果であれ、常にそれを受けとめる強くしなやかな心でありたいと思います。不平不満な心で、建設的な何かが生まれたという話を聞いたことがないからです。

    未来の災害を想定し、完璧ではないにしろ何かしらの対策を講じることはできます。人(私)のあくなき欲望(過度な消費)による人災(温暖化、大気汚染、資源の枯渇・・・)の中にあっても、地球一個分のこれからの私たちの暮らし方を模索し実践することはできるはずです。


    私の利便性 → 私達(人類)の不幸を知る俯瞰的視点(鳥の眼)
    (現在、日本人の資源消耗度は地球2.7個分です。米国は5.5個分。これはもう人災です。)
    であれば、このコロナ禍こそ今までコントロールできなかった暮らし方を大きく変えていくチャンスの時ではないかと感じています。

    上記に事象という表現をしましたが、原因があって結果があり、その結果が次の結果の原因となっていく。何事も今行っていることが明日に繋がるのであれば、今の行動を変えることで「明日を変えることが出来る!」という前向きな表現として使いました。変えるとは良きものを進化‣深化させるための行動で、今までとは違う視点で、違う取り組みをしていくことと思います。
    私の視点 → 私たちの多角的視点(昆虫の眼)を養ってまいります。


    私達は服をつくり、そして服が私たちをつくります

    あらためて気づかせていただきました
    このコロナ禍にあって、出会いと交流が思うようにならないことを通し、私たちが目指す「私らしく心地良い」暮らしとは、良好な人間関係からこそ生まれるのだと。

    服の力
    日頃あまり意識をしていなかったのですが、喜んでいただいたり、感動したり、共感したり、そんな素敵な心地よい関係に、服は大きな力を発揮してくれていました。「らしさ」を引き出してくれていました。「らしさ」とは相手が抱く思いで、その思いに応えることで信頼を深めていくことにもなります。
    一瞬で雰囲気(気配)を感じる(魚の眼)

    感謝を形に
    コロナ禍で、出会いと交流が思うようにならないことを通し、
    「あたりまえの事が、あたりまえではない」 この気づきを感謝に深め(一期一会を噛みしめながら)、時代が大きく変遷していく中で、喜んでいただける暮らし方、服を進化(深化)させ、自己実現のお手伝い(服が私たちをつくります)をさせていただきます。

    人に優しく地球に優しい
    環境や資源循環に配慮し(SDG’s12 作る責任、使う責任)、生活をする上で必要(needs)とされる服、そしていつまでも愛着(wants)を感じて着ていたい服。そこに私らしく心地良い暮らしが見えてまいります。

    私たちは
    Vision  → 「For you」 精神で人々の信頼を得る努力を惜しまず
    Value  → 「私らしく心地良い」暮らし方提案をさせていただき
    Mission → 「人に優しく地球に優しい」生活文化向上に資してまいります。 







    2021年1月
    株式会社オルウェイズ 代表
    代表




       ライン

    代表メッセージ/2020年1月   代表メッセージ/2019年1月   代表メッセージ/2018年1月

    代表メッセージ/2017年1月   代表メッセージ/2016年1月   代表メッセージ/2015年1月



always style

ファッション3年、慣習30年、文化100年、それぞれ世相は併走し、融和・変化しています。
木に例えればファッションは葉、慣習は枝、文化は幹、そして表には表れないが、現象の根っこは心・精神世界で、豊かな心は地中深く張ります。

私たちは衣類も扱いますが、ビジネス(営為体系)ありきのファッションや、虚栄をそそのかすファッションではなく、どこまでも私らしさが香る、そんな心地良い暮らし方のお手伝いをさせていただきたい、そして私たちの中の自然(五感六識)が感じる心地良さまで深めたい。そんな思いを込め、製品作りに取り組んでいます。

そしてそれは慣習、文化に根差し可能になるのではないかと考えます。何故なら時代の篩(ふるい)にかけられ生き残っているということは、そこに価値があるからと考えるからです。もちろんファッションを支持する背景や感性は時代との接点でありますから、大切な要素であり、私たちもとても大事にしています。

それはどの時代にあっても、always・いつも私らしく、心地良くあるために、良き伝統と革新の融合を模索していくことだと考えているからであります。

私たちは

(1)慣習・文化に根差し今の感性で語っていきます。
(2)私らしく心地良い暮らし方の表現者になります。
(3)人に優しく地球に優しい文化醸成に資してまいります。


上記を心に置き、常に変わらぬ活動を継続していく、それがまさに字の如くalways styleであり、利他の心で深く根を張り、幹を太くすれば、枝葉は茂り、花や実もなる。それがmind form alwaysであります。



昭和51年
昭和52年
昭和54年
昭和55年


昭和56年

平成7年

平成9年

平成14年
平成17年
平成19年
平成20年
平成21年
平成21年
平成21年
平成21年
平成22年
平成22年
平成23年
平成24年
平成25年
平成26年
平成26年
平成27年
平成27年
平成28年
平成28年
平成29年
平成29年
平成29年
平成30年
平成31年
令和元年
令和2年


9月
10月
6月
3月


8月

1月

9月

3月
3月
9月
7月
2月
3月
3月
9月
3月
9月
9月
9月
10月
3月
10月
3月
11月
2月
9月
2月
4月
9月
2月
2月
8月
10月


船具問屋に生活資材の卸として、南原商会を発足
タオルを素材としたベビー服、雑貨など2次製品の企画、製造、卸業務を開始
タオル製品生産の為、縫製所を設置
組織を改め、社名を変更、株式会社 ナンバラを設立
資本金  25,000千円
代表取締役社長 南部 薫 他 従業員 6名にて発足
アンテナショップ  alwaysを開店
小売店舗として、一般のお客様への販売を開始
阪神・淡路大震災により、所在地建物が倒壊
(以降 仮設事務所にて営業を行う)
現在の建物が完成
always再オープン
always 川西阪急店オープン
always 星ヶ丘三越店オープン
always 阪神にしのみや店オープン、always 三田阪急店オープン
trugarez岐阜髙島屋店・京都髙島屋店・泉北髙島屋店オープン
always 新宿京王店オープン
株式会社 オルウェイズへ 百貨店への営業権 及び 店舗譲渡
trugarez大宮高島屋オープン
always静岡松坂屋オープン
always福田屋インターパーク店、trugarez柏高島屋店オープン
always松坂屋名古屋店、always名鉄本店オープン
trugarez大阪高島屋店、trugarez洛西高島屋オープン
always遠鉄店オープン
trugarez伊予鉄高島店オープン
trugarez堺高島屋店
always サンエー那覇メインプレイス店オープン
trugarez高崎高島屋店オープン
サンデーの店舗運営を開始
山帰来の店舗運営を開始
always福屋広島駅前店オープン
always丸広川越店オープン
always川崎アゼリア店オープン
trugarez岡山高島屋店オープン
セフティ河内長野店の店舗運営を開始
always東急吉祥寺店オープン
trugarez JR名古屋高島屋店オープン
always高槻阪急店オープン




ALWAYS Action
~mind form by always~


 私たちは、お客様のおかげで仕事ができることに感謝し、積極的に仕事に取り組むことを誓います。


一、私たちはお客様の生活文化向上に、ALWAYS Actionで取り組みます。

一、私たちは出会いと交流に努め、ALWAYS Actionの実践を行います。

一、私たちは仕事のプロとして、目標達成にALWAYS Actionで全力を尽くします。





mind form always
~行動指針~


1、いつも FOR YOU
私たちは他の喜び、感動のために生きることこそ、自らが生かされる道と信じ、行動します。


2、いつも 大空のような心
我執を離れ、あるがままを容認し、否定しない姿勢を示します。


3、いつも 向上
私たちは専門知識習得はもちろんのこと、新しいことにチャレンジし
体験を通し智慧を得、磨いていきます。


4、いつも ポジティブ思考
私たちは100回転んだら、101回立ち上がります。


5、いつも 個性を磨く
私たちは互いを尊重し、エゴを個性に変え、磨いてまいります。


6、いつも 心一つ
私たちは支えあう強い心と行いがなければ、何事も積みあがらないと考え
融和・和合に努めます。


7、いつも 現場主義
私たちは現場から時代の流れを読み取り、人々に寄り添った提案を続けます。


8、いつも 何かでオンリーワン
私たちは人のこころの襞(ひだ)は無限と知り、無限の価値創造に努めます。


9、いつも マインドフォーム発信
私たちは『人々の暮らしがこうあってほしい』という願いを、物や事で
より良く伝えるために、心と技を磨きます。


10、いつも やったようにしかならない
私たちは不本意な結果は、そのように行ったからだと考え、過去や失敗を否定せず
因果律に学び、より良い未来を創る努力に専念します。