会社概要 代表メッセージ always style 沿革 always action



    1976年9月、オルウェイズの前身である南原商会が発足し、生活資材の卸としてスタートしました。
    その後、タオルやベビー服、婦人服などの企画、製造を得て
    1981年小売店舗『always』をオープン致しました。

    当時の従業員は6名。順調に業績を伸ばしていたところ、1995年、阪神・淡路大震災により建物が全壊。

    1997年に再建した現在の建物で、新たに婦人服のメーカーとして再スタートをきりました。

    43年の歴史の中で少しずつ仲間が増え、お客様の喜んでいただく声も多く頂けるようになりました。

    『喜んでいただけると嬉しい 喜びあえるともっと嬉しい』

    これからもずっとこの言葉を胸に洋服を作り続けていきます。



    沿革



    主な事業所の所在地
    border

    【本社】
     〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町2-25-101
     Tel:0798-36-6309 Fax:0798-36-6334

    【東京支社】
     〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-5-15
     Tel:03-5334-7531 Fax:03-5334-7532



    president


    新たなるチャレンジの年 更始一新
    (新たに物事をはじめるにあたって 古いものをすべて新しくすること)

    目的が明確であれば、やり方も時代に応じて変えていけます。
    変化することが目的ではなく、変化とは常に目的成就のためにあります。


    1. いつも(always) for  you  

    喜んでいただくことが、私達の生かされる道、喜びの道であります。

    それはコインの裏表のように、二つにして一つです。
    しかしこれには順序があります。
    Give and take というフレーズも、まずは与えることが先にきています。
    もちろんそれが相手にとって必要な物でなければand takeとはなりません。

    事業者として存続していくこととは、お客様が必要としているもの、
    お客様が欲しているもの、これを提供し続けていくことであります。

    社会に必要とされることが存在意義であり、私達の生かされる道と考えます。
    Just In Time 「必要な物を・必要な時に・必要な量だけ」です。


    出会いと交流

    昨今、IT機器の劇的進化により、若い人を中心に、人に向き合う、
    関わり合う時間がとても少なくなってきたように思います。

    人の苦しみのほとんどが人間関係に起因するものですから、
    当然煩わしい人間関係よりも、打てば響く太鼓のように、
    すぐに反応してくれるゲームやスマホ等にひかれる現実も良く解ります。

    ネットでのやりとりも、相手の生な反応が感じられず、
    喜怒哀楽にブレーキが利かなくなり、暴走してしまうリスクもあります。

    こうしたら相手が喜ぶか悲しむか、というリアルな実感がなくなり、
    人との接し方が希薄になり、人間関係がさらに億劫になってしまいます。

    ある意味、人として成長に必要なストレス、プレッシャーを避け、
    周囲に心を閉ざしていくリスクも考えられます。

    もちろんスマホなど、コミュニケーション機器・情報機器は
    今後さらに重要性を増していくと思っていますし、
    時間を忘れて熱中することもとても大事な経験です。

    私は否定しているのではなく、向き合い方に工夫があればと考えています。

    昨年の新生児の名前ベスト3は、結月・結愛(ユア・ユイア)・結菜と
    全てに結(むすぶ)の文字が当てられています。

    私達は潜在的に絆の希薄さを感じているのではないかと思います。
    絆とは互いが足らざるを補い合って成り立つものです。

    この現状をふまえ、私達はもっと、もっと出会いと交流を深め、
    沢山の心の在り方を受け入れ、寄り添える自らとなり、
    確かな絆を作り上げていかなければならないと思います。

    価値を発見する、作り出す

    もちろんそれは、そんなに簡単なものではありません。
    ましてや継続することはさらに容易ではありません。

    しかし良き関係の中から、もっと喜んでいただこう、と
    良き提案がクローズアップしてくるのではないでしょうか? 

    一方で、人間関係が全てうまくいくわけではなく、
    むしろうまくいかないことの方が多いかもしれません。

    しかし、その時こそ自らを知る良きチャンスでもあります。

    自らを知ることは、実は人の心の理解にも近づいていくことですから、
    関係の良し悪しにかかわらず、前向きな向上心を失わなければ
    全てに学んでいくことが出来ると思います。

    奇をてらって押し付ける提案、商品ではなく、
    相手の望むところに心を運んでいく。

    それは、まずはあるがままを受け入れる心の在り方から始まるのではないでしょうか?

    自分の価値観、考え方、感性だけに捉われてしまうと、
    ただの押しつけになります。
    今ほど、多様性に富んだ時代はありませんし、
    今後さらに多様性は増していきます。

    出会って交流して、相手を理解できて寄り添える。

    多様性に寄り添うとは、あれもこれもの支離滅裂ではなく、
    出会いと交流を深めるからこそ、そこに通底している人の心(mind form)、
    時代の価値を見つけ出すこともできるのではないかと思います。


    以下は、1. いつも FOR YOUを実現していくための行動指針です。

    2・いつも 心一つ

    私達は支え合う強い心と行いがなければ、何事も積み上がらないと考え、融和・和合に努めます。


    3・いつも 大空のような心

    我執を離れ、あるがままを容認し、否定しない姿勢を示します。


    4・いつも 個性を磨く

    私達は互いを尊重し、エゴを喜んでいただける個性へと磨いてまいります。


    5・いつも 向上

    私達は専門知識習得はもちろんのこと、新しいことにチャレンジし、
    体験を通し智慧を得、磨いていきます。


    6・いつも ポジティブ思考

    私達は100回転んだら、100回立ち上がり、どこからでも立ち上がり前進します。


    7・いつも 現場主義

    私達は現場から時代の流れを読み取り、人々に寄り添った提案を続けます。


    8・いつも 何かでオンリーワン

    私達は人の心の襞(ひだ)は無限と知り、無限の価値創造に努めます。


    9・いつも マインドフォーム発信

    私達は「人々の暮らしがこうあってほしい」という願いを、
    物、事、情報でより良く伝えるために、心と智慧と技を磨きます。


    10・いつも やったようにしかならない

    私達は良い結果も不本意な結果も、そうなるように行ったからだと考え、
    過去の失敗を否定せず、因果律に学び、よりよい未来を創ることに専念します。

    今年は元号が変わる新たな年となります。

    私達にとっても新たな地平を開いていく、
    思きってのチャレンジの年になってまいります。

    こうだから出来ないという思い込み、囚われを脱ぎ捨て、
    こうしてやってみようと、猪突猛進してまいりたいと思います。




    2019年1月
    株式会社オルウェイズ 代表
    代表




       ライン

       代表メッセージ/2018年1月   代表メッセージ/2017年1月

       代表メッセージ/2016年1月   代表メッセージ/2015年1月



always style

ファッション3年、慣習30年、文化100年、それぞれ世相は併走し、融和・変化しています。
木に例えればファッションは葉、慣習は枝、文化は幹、そして表には表れないが、現象の根っこは心・精神世界で、豊かな心は地中深く張ります。

私たちは衣類も扱いますが、ビジネス(営為体系)ありきのファッションや、虚栄をそそのかすファッションではなく、どこまでも私らしさが香る、そんな心地良い暮らし方のお手伝いをさせていただきたい、そして私たちの中の自然(五感六識)が感じる心地良さまで深めたい。そんな思いを込め、製品作りに取り組んでいます。

そしてそれは慣習、文化に根差し可能になるのではないかと考えます。何故なら時代の篩(ふるい)にかけられ生き残っているということは、そこに価値があるからと考えるからです。もちろんファッションを支持する背景や感性は時代との接点でありますから、大切な要素であり、私たちもとても大事にしています。

それはどの時代にあっても、always・いつも私らしく、心地良くあるために、良き伝統と革新の融合を模索していくことだと考えているからであります。

私たちは

(1)慣習・文化に根差し今の感性で語っていきます。
(2)私らしく心地良い暮らし方の表現者になります。
(3)人に優しく地球に優しい文化醸成に資してまいります。


上記を心に置き、常に変わらぬ活動を継続していく、それがまさに字の如くalways styleであり、利他の心で深く根を張り、幹を太くすれば、枝葉は茂り、花や実もなる。それがmind form alwaysであります。



昭和51年
昭和52年
昭和54年
昭和55年


昭和56年

平成7年

平成9年

平成14年
平成17年
平成19年
平成20年
平成21年
平成21年
平成21年
平成21年
平成22年
平成22年
平成23年
平成24年
平成25年
平成25年
平成25年
平成26年
平成26年
平成27年
平成27年
平成28年
平成28年
平成29年
平成29年
平成29年
平成30年
平成30年
平成31年
平成31年
令和元年
令和元年


9月
10月
6月
3月


8月

1月

9月

3月
3月
9月
7月
2月
3月
3月
9月
3月
9月
9月
9月
8月
9月
10月
3月
10月
3月
11月
2月
9月
2月
4月
9月
2月
9月
2月
6月
8月
8月


船具問屋に生活資材の卸として、南原商会を発足
タオルを素材としたベビー服、雑貨など2次製品の企画、製造、卸業務を開始
タオル製品生産の為、縫製所を設置
組織を改め、社名を変更、株式会社 ナンバラを設立
資本金  25,000千円
代表取締役社長 南部 薫 他 従業員 6名にて発足
アンテナショップ  alwaysを開店
小売店舗として、一般のお客様への販売を開始
阪神・淡路大震災により、所在地建物が倒壊
(以降 仮設事務所にて営業を行う)
現在の建物が完成
always再オープン
always 川西阪急店オープン
always 星ヶ丘三越店オープン
always 阪神にしのみや店オープン、always 三田阪急店オープン
trugarez岐阜髙島屋店・京都髙島屋店・泉北髙島屋店オープン
always 新宿京王店オープン
株式会社 オルウェイズへ 百貨店への営業権 及び 店舗譲渡
trugarez大宮高島屋オープン
always静岡松坂屋オープン
always福田屋インターパーク店、trugarez柏高島屋店オープン
always松坂屋名古屋店、always名鉄本店オープン
trugarez大阪高島屋店、always博多阪急店、trugarez洛西高島屋オープン
always遠鉄店オープン
always札幌丸井今井店オープン
always MIプラザ河辺店オープン
trugarez伊予鉄高島店オープン
trugarez堺高島屋店
always サンエー那覇メインプレイス店オープン
trugarez高崎高島屋店オープン
サンデーの店舗運営を開始
山帰来の店舗運営を開始
always福屋広島駅前店オープン
always丸広川越店オープン
always川崎アゼリア店オープン
trugarez岡山高島屋店オープン
セフティ河内長野店の店舗運営を開始
always京王八王子店オープン
always東急吉祥寺店オープン
coladdコラッド サンエー浦添西海岸店オープン
有限会社ミヤコの営業権 及び 店舗を譲受
trugarez JR名古屋高島屋店オープン




ALWAYS Action
~mind form by always~


 私たちは、お客様のおかげで仕事ができることに感謝し、積極的に仕事に取り組むことを誓います。


一、私たちはお客様の生活文化向上に、ALWAYS Actionで取り組みます。

一、私たちは出会いと交流に努め、ALWAYS Actionの実践を行います。

一、私たちは仕事のプロとして、目標達成にALWAYS Actionで全力を尽くします。





mind form always
~行動指針~


1、いつも FOR YOU
私たちは他の喜び、感動のために生きることこそ、自らが生かされる道と信じ、行動します。


2、いつも 大空のような心
我執を離れ、あるがままを容認し、否定しない姿勢を示します。


3、いつも 向上
私たちは専門知識習得はもちろんのこと、新しいことにチャレンジし
体験を通し智慧を得、磨いていきます。


4、いつも ポジティブ思考
私たちは100回転んだら、101回立ち上がります。


5、いつも 個性を磨く
私たちは互いを尊重し、エゴを個性に変え、磨いてまいります。


6、いつも 心一つ
私たちは支えあう強い心と行いがなければ、何事も積みあがらないと考え
融和・和合に努めます。


7、いつも 現場主義
私たちは現場から時代の流れを読み取り、人々に寄り添った提案を続けます。


8、いつも 何かでオンリーワン
私たちは人のこころの襞(ひだ)は無限と知り、無限の価値創造に努めます。


9、いつも マインドフォーム発信
私たちは『人々の暮らしがこうあってほしい』という願いを、物や事で
より良く伝えるために、心と技を磨きます。


10、いつも やったようにしかならない
私たちは不本意な結果は、そのように行ったからだと考え、過去や失敗を否定せず
因果律に学び、より良い未来を創る努力に専念します。