会社概要 代表メッセージ always style 沿革 always action



    1976年9月、オルウェイズの前身である南原商会が発足し、生活資材の卸としてスタートしました。
    その後、タオルやベビー服、婦人服などの企画、製造を得て
    1981年小売店舗『always』をオープン致しました。

    当時の従業員は6名。順調に業績を伸ばしていたところ、1995年、阪神・淡路大震災により建物が全壊。

    1997年に再建した現在の建物で、新たに婦人服のメーカーとして再スタートをきりました。

    43年の歴史の中で少しずつ仲間が増え、お客様の喜んでいただく声も多く頂けるようになりました。

    『喜んでいただけると嬉しい 喜びあえるともっと嬉しい』

    これからもずっとこの言葉を胸に洋服を作り続けていきます。



    DATA/会社概要

    社 名株式会社オルウェイズ
    本社所在地兵庫県西宮市分銅町 2-25-101
    設 立平成20年12月8日
    営業開始平成21年3月1日
    代 表代表取締役 南部 薫
    事業内容婦人服・服飾雑貨 製造、卸、販売
    資 本 金1,000万円
    決 算 期8月末日
    従業員数22名(本社・東京スタッフ)
    直 営 店28店舗
    取引銀行京都銀行 西宮支店・三井住友銀行 西宮支店
    主な事業所の所在地
    【本社】〒662-0042 兵庫県西宮市分銅町2-25-101
    Tel:0798-36-6309 Fax:0798-36-6334


    president


    食べること着ること、生きること


    料理研究家の土井善晴氏が「一汁一菜でよいという提案」という本の中で「だれもが心身ともに健康でありたいと思います。一人の力では大きなことはできませんが、少なくとも自分を守るというのが、『一汁一菜でよいという提案』です。うまくいけば家族、健康、美しい暮らし、心の充実、実現するべき仕事を支える『要』になるかもしれません。人間は食事によって生き、自然や社会、他の人々とつながってきたのです。食事はすべてのはじまり。生きることと料理することはセットです。」と、このように教えていただきました。

    そして、そこにはいつも寄り添うように服があります。
    家庭料理、とくに一汁一菜は食べ飽きないことが肝要であるように、共にある日常着も同様であります。定番の日常着は、家に馴染む動くインテリアでもあります。生活の基盤となる空間は居心地が良く、それぞれの個性が自然体でいられることが大事です。 着心地が良く、動きやすく、愛着が持て、飽きがこない、そのうえ扱いやすい。さらに外出もでき、自分の良さを引き出してくれればなお良いはずです。

    家庭にあって食事は欠かしてはならない事で「やるべきことを、やるべき時に、あたりまえにやる」。それは特別なことではなく、それこそが「日常」であって、生活であり、生きる基本だと思います。

    「あたりまえにやる」これが身に着くとそれは特別なことではなくなってきます。「~しなければならない」は何か辛さを伴います。当たり前になると、それはストレスにはなりません。そこまでルーティーンにしてしまうと、つぎに心のゆとりができます。家族が元気でいてくれてよかった、今日も大過なく過ごせてありがたい。感謝の心は前向きな前進の力を生みます。 この感謝の心があれば、「眼(まなこ)明るければ道にふれてみな宝なり」と言われるように、逆境もプラスに転じていけるのではないかと思います。

    何十万年という歴史の中で、人類は生きながらえること、種を保存することが全てでしたから、危機、危険には特に最大限の注意を払わなければなりませんでした。当然リスクに対して敏感になります。騙されないために人を疑ったり、危険を察知したりする防衛本能(利己の心)がなければ人類に歴史はなかったでしょう。
    だから共に生き続けるためには、安心・安全の担保が必要です。共通語を生み、規範を遵守する教育・訓練が必要になってまいります。それが大きくは文化だと思います。ですから絆づくりとは膨大な努力を必要とします。本能に逆らうからです。

    一方でその信頼関係づくりの努力は、取り組んだ分だけ実ってもいきます。やはり良き個性(利他の心)も備わっているからだと思います。「衣食住」の文化はその中から醸成され形つくられてきたものと思いたいものです。

    服は人をつくると言われるように、「衣食住」とは、良き個性を育み包むためのものであってほしい。

    作り「手」と使い「手」、その「手と手の輪」の広がりが「私らしく心地良い」暮らし方文化の醸成につながればと願っています。

    土井氏は一汁一菜が日常、基本にあるから、非日常、ハレの日の喜びも特別なものとなると考えておられます。「静と動」や「緩と急」など、私たちはそのバランスを上手くとることによって心豊かな日々を送ることができるように思います。基本が身につけば応用は広がり、経験を重ねて心のフィールドはさらに広がっていきます。

    素敵なレストランで、洗練されたもてなしや料理をいただきながら、シェフの人柄や産地に心を運ばせ「やさしい味だね」と共感しながらいただく経験は特別な時間になります。そこには、地に足がついた基本があるからだと思います。

    オルウェイズ店頭におけるお客さまの体験も同じところを目指しています。
    装いの新たな知識や着方のポイントは、その方の生き方に表現力の幅、深みを提供し、期待や幸福感を感じていただくことができます。店での探す楽しみ、比べる時に広がる体験イメージ、いい買い物ができた喜び、・・・、その経験がお客様の豊かな時間であり、思い出の経験でもあることを願って私たちは取り組んでまいります。

    デジタル化の流れは止まりません。それどころかさらに加速化してまいります。何のためのデジタル化なのかを忘れ、ただそこに乗っかってしまうと、やがて五感がにぶり人間性まで失ってしまうのではないかと危惧します。
    デジタル化とは、人間性(自然の一部である実感)を深める方向にあるべきです。その時には「デジタル」×「リアル」で新たな価値の創出もできるはずです。
    私たちは生地に触り、生地の声を聞き、あるべき姿を描き、着て楽しむ、その一連の行為が五感を磨くことであり、お客様の五感と共振することで、これこそが人を生かす「文化の原点」ではないかと考えます。

    「一汁一菜」が「一汁三菜」でもいいのですが、身体と心の良い状態を維持するための食事は、私たちの目指す「人に優しく地球に優しい」生活文化醸成につながります。食材を無駄にせず、健康志向で普通に美味しい食事(特に日本料理)は、世界の今の食文化を劇的に良い方向に変えることができます。

    服もまったく同じことが言えるのではないでしょうか。 晴れの日の装いももちろん大切ですが、日常着の定番を持つことは「私らしく心地良く」暮らしながら、「人に優しく地球に優しい」暮らしかた文化醸成に貢献します。

    大きく環境問題に取り組むことは個人にはできませんが、「一汁一菜」も「日常着の定番」を持つことも一人からでも始められます。

    私たちは人との繋がりの中でしか生きられないのであれば、生きがいとは質の高い絆の中にあってこそ生まれてくるのではないでしょうか。
    日常を丁寧に大事にする心は、人や自然を尊ぶ心に通じます。
    質の高い絆、それはお互いになくてはならない存在。お互いが良く馴染んでいる状態。だから「私らしく」なり「心地良く」なっていくはずです。

    「衣食住」の「衣」も心のゆとりを生みます。ルーティーンは変化がないのではなく、安定したゆとりから充実した生き方が立ち上がってくるはずです。
    心が安定してくると傍(はた)も楽(らく)になります。私たちの働(はたら)くはそこに立ちます。

    日常着とは本来その使命、役割を担っているのだと思います。
    生活の定番、オルウェイズ(always)の日常着は、いつも(always)「やるべきことを、やるべき時に、あたりまえにやる」その傍(はた)を楽(らく)する皆様に寄り添ってまいります。




    2022年1月
    株式会社オルウェイズ 代表
    代表




       ライン

    代表メッセージ/2021年1月

    代表メッセージ/2020年1月   代表メッセージ/2019年1月   代表メッセージ/2018年1月

    代表メッセージ/2017年1月   代表メッセージ/2016年1月   代表メッセージ/2015年1月



always style

ファッション3年、慣習30年、文化100年、それぞれ世相は併走し、融和・変化しています。
木に例えればファッションは葉、慣習は枝、文化は幹、そして表には表れないが、現象の根っこは心・精神世界で、豊かな心は地中深く張ります。

私たちは衣類も扱いますが、ビジネス(営為体系)ありきのファッションや、虚栄をそそのかすファッションではなく、どこまでも私らしさが香る、そんな心地良い暮らし方のお手伝いをさせていただきたい、そして私たちの中の自然(五感六識)が感じる心地良さまで深めたい。そんな思いを込め、製品作りに取り組んでいます。

そしてそれは慣習、文化に根差し可能になるのではないかと考えます。何故なら時代の篩(ふるい)にかけられ生き残っているということは、そこに価値があるからと考えるからです。もちろんファッションを支持する背景や感性は時代との接点でありますから、大切な要素であり、私たちもとても大事にしています。

それはどの時代にあっても、always・いつも私らしく、心地良くあるために、良き伝統と革新の融合を模索していくことだと考えているからであります。

私たちは

(1)慣習・文化に根差し今の感性で語っていきます。
(2)私らしく心地良い暮らし方の表現者になります。
(3)人に優しく地球に優しい文化醸成に資してまいります。


上記を心に置き、常に変わらぬ活動を継続していく、それがまさに字の如くalways styleであり、利他の心で深く根を張り、幹を太くすれば、枝葉は茂り、花や実もなる。それがmind form alwaysであります。



昭和51年
昭和52年
昭和54年
昭和55年


昭和56年

平成7年

平成9年

平成14年
平成17年
平成19年
平成20年
平成21年
平成21年
平成22年
平成22年
平成23年
平成24年
平成26年
平成27年
平成27年
平成28年
平成29年
平成29年
平成30年
平成31年
平成31年
令和2年
令和2年
令和3年
令和4年


9月
10月
6月
3月


8月

1月

9月

3月
9月
7月
2月
3月
3月
3月
9月
9月
9月
10月
3月
11月
2月
2月
4月
2月
2月
10月
7月
10月
11月
3月


船具問屋に生活資材の卸として、南原商会を発足
タオルを素材としたベビー服、雑貨など2次製品の企画、製造、卸業務を開始
タオル製品生産の為、縫製所を設置
組織を改め、社名を変更、株式会社 ナンバラを設立
資本金  25,000千円
代表取締役社長 南部 薫 他 従業員 6名にて発足
アンテナショップ  alwaysを開店
小売店舗として、一般のお客様への販売を開始
阪神・淡路大震災により、所在地建物が倒壊
(以降 仮設事務所にて営業を行う)
現在の建物が完成
always再オープン
always 川西阪急店オープン
always 星ヶ丘三越店オープン
always 阪神にしのみや店オープン
trugarez岐阜髙島屋店・京都髙島屋店・泉北髙島屋店オープン
always 新宿京王店オープン
株式会社 オルウェイズへ 百貨店への営業権 及び 店舗譲渡
always福田屋インターパーク店、trugarez柏高島屋店オープン
always松坂屋名古屋店、always名鉄本店オープン
trugarez大阪高島屋店、trugarez洛西高島屋オープン
always遠鉄店オープン
always サンエー那覇メインプレイス店オープン
trugarez高崎高島屋店オープン
サンデーの店舗運営を開始
山帰来の店舗運営を開始
always丸広川越店オープン
always川崎アゼリア店オープン
セフティ河内長野店の店舗運営を開始
always東急吉祥寺店オープン
coladd宝塚阪急店オープン
always松山銀天街店オープン
always高槻阪急店オープン
always静岡パルシェ店オープン
髙島屋ブランドtrugarezの名称をmind form alwaysへ変更




ALWAYS Action
~mind form by always~


 私たちは、お客様のおかげで仕事ができることに感謝し、積極的に仕事に取り組むことを誓います。


一、私たちはお客様の生活文化向上に、ALWAYS Actionで取り組みます。

一、私たちは出会いと交流に努め、ALWAYS Actionの実践を行います。

一、私たちは仕事のプロとして、目標達成にALWAYS Actionで全力を尽くします。





mind form always
~行動指針~


1、いつも FOR YOU
私たちは他の喜び、感動のために生きることこそ、自らが生かされる道と信じ、行動します。


2、いつも 大空のような心
我執を離れ、あるがままを容認し、否定しない姿勢を示します。


3、いつも 向上
私たちは専門知識習得はもちろんのこと、新しいことにチャレンジし
体験を通し智慧を得、磨いていきます。


4、いつも ポジティブ思考
私たちは100回転んだら、101回立ち上がります。


5、いつも 個性を磨く
私たちは互いを尊重し、エゴを個性に変え、磨いてまいります。


6、いつも 心一つ
私たちは支えあう強い心と行いがなければ、何事も積みあがらないと考え
融和・和合に努めます。


7、いつも 現場主義
私たちは現場から時代の流れを読み取り、人々に寄り添った提案を続けます。


8、いつも 何かでオンリーワン
私たちは人のこころの襞(ひだ)は無限と知り、無限の価値創造に努めます。


9、いつも マインドフォーム発信
私たちは『人々の暮らしがこうあってほしい』という願いを、物や事で
より良く伝えるために、心と技を磨きます。


10、いつも やったようにしかならない
私たちは不本意な結果は、そのように行ったからだと考え、過去や失敗を否定せず
因果律に学び、より良い未来を創る努力に専念します。